HOME>イチオシ情報>【垂水にお住まいの方へ】歯科に定期検診に行こう

歯の定期検診とは

女性

歯科の定期検診はどのような意味があるのでしょう。まず、どんなことが行われているかというとまずは虫歯がないかチェックをするということです。気づいていなくても、歯と歯の間や見えにくい部分に虫歯がないかプロの目でチェックしてもらいましょう。また、歯茎が歯周病になっていないかも調べてもらったり、他にも磨き残しやすい場所がないかをみてもらえます。また、虫歯や歯周病が見つからなくても、歯石が溜まっていることもよくあります。今は虫歯にならなくても歯石からつながることがあるので、定期検診で取ってもらうのはとても有効です。

定期検診の頻度

歯医者

では歯科の定期検診はどのくらいの頻度で受けるのが適切なのでしょう。まず、特に虫歯や歯周病がなければ、半年から1年に1度で大丈夫です。汚れが気になる人はクリーニングを受けるのもいいでしょう。定期検診は保険の適用外ですが、内容によっては保険の適用が効くこともあります。予防しておけば結果的に医療費が安くすむので、かかりつけの歯医者を見つけて定期的に通うようにしましょう。また、垂水にかかりつけの歯医者があれば、異常も早めに見つかるので安心ですよ。ですが、定期検診に行っているからといって安心することなく、しっかり歯磨きなどのケアを怠らないようにする必要があります。